シャルロット・デ・フルール お迎え

ついつい…衝動買いで…
シャルロットデフルールさんの中古ちゃんを購入♡
実物の可愛さったら破壊力抜群💕

でも…実際は…

向かって右の髪がブラシでも通したのか?バサバサでウェーブも伸びきっていたり…
この写真は正面からの撮影なので目立たないけど、ブライス特有の右目の下が大きく開いていて奥目で横顔最悪だったりと、色々難があったのでサクッと開頭することに!

私がブライスのフェイスを開ける時に、使っているお道具はノートPCを開けるときに使う工具の中にあったプラスチックのヘラのような物と、かぎ針とカッターとネジを外すプラスドライバーです。
一般的なマイナスドライバーを開頭に使うと、ブライスのフェイスより硬いので、うっかりすると傷が付きます…
プラ工具は、この心配は回避できるので安心です♡

シャルロットさんの顔型はラディエンスプラスなので、後頭部のネジを3本外してから、かぎ針でバネを引っ掛けて外します。

ボディを横に向けて頭とボディを持ち、テコの原理でぐいっと動かすとフェイス下が開きます。
あとは、耳の前のジョイント部分を押し込むだけで、前後頭部がカパっと外れます。
頭皮部分はフェイス上部に接着されているので、カッターで慎重に切り離していきます。

最初はめっちゃ苦労した開頭も、慣れると数分でバラバラにできるように…慣れって怖い…

とりあえずシャンプーします。香料が苦手なので、アクロンの青い方使ってます。
シャルロットさんはシャンプーでウェーブが復活するらしいという情報をネットで仕入れたので(ありがとうござます!)、大胆に作業していきます。

浮かべると土左衛門ぽいです…

手櫛で丁寧に洗っていくと、割と埃が付着していることに気がつき…毛先に小さな埃の固まりもまとわり付いたので、ちまちま取り除きながら洗い上げました…

洗った後は、カスタム途中の子からフェイスとボディをちょっと借りて、髪を整えます。ブライスの髪はナイロンなので大量のティッシュで包み込むように水分を取ってから、超定番のアゾンのオイルミスト(福田化学研究所のエアロボン)を使い、つげ櫛の細長い方を使いながら整えると…良い感じにウェーブが復活♡
しばらく放置で乾かします。

上の写真でわかるように、フェイスのアイギミック上部分的が黒くカビ?ていたので、アイギミックを外して洗うことに…
洗っても一部取れなかったので、消毒用エタノールを綿棒に付けて黒くなっていた部分を拭いてみたら、綺麗になりました。(メイクが落ちる可能性があるので慎重に…)

アイギミックを外す際に難航したので、両サイドを削っておくことにしました。

ついでにフェイスのピンクの矢印部分を削り、パチ目加工と、緑の矢印部分のパーツを若干削り、プチ上目にしました。
あと、フェイス右側のアイギミックの溝を適度に加工して、奥目を直してみました。ちょい上方向から撮影しても違和感ないです♡

組み立て後に、ゲージ用的な使用で編んだグラデーション水色のニットワンピースを着せたら、灰かぶり姫みたいになってしまったので、急遽、デフォルト服に似せて、ニットワンピースを編んで着せてみました。

とりあえず完成♡概ね満足♡

追記…
投稿前に読み返して気付く…
今回は『お迎え』って言うより、カスタム作業回でした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です